母の日に絡めたプロモーションか、「いいお母さんって誰のこと?」という投稿がパンテーンの公式Twitterから投下されました。
  「#お母さんだけど」というハッシュタグがついていますが、これは少し前に絵本作家・作詞家の「のぶみ氏」が作った大炎上曲「あたしおかあさんだから」を由来とするものになります。のぶみ氏の炎上当時は、「お母さんだから」じゃなく「お母さんだけど」にすれば、受け入れやすいという意見が多数ありました。

この投稿で「#お母さんだけど」のハッシュタグを3回も使っているのは、かなり狙っていると思われます。恐らく「炎上」の方を。

しかし、世間は何となく炎上疲れをしています。あまりに狙いすぎると、思ったほど燃えません。この手のコンテンツは、皆それなりに耐性がついちゃってるんですね。こうした手法を使えるのも、ユーザーが慣れるまでの間だけだということを、今後SNS担当者は胸に刻んでおいた方が良いでしょう。

母親のありかたなんて人それぞれなんだから、一企業の価値観を押し付けないでほしいということであります。そして、炎上狙いで予算を無駄遣いするのは、そろそろ効き目がなくなるのは辞めて欲しいということを申し上げておきます。

投稿が消えるかも知れないので、念のためスクリーンショットも掲載しておきます。

panten